言語聴覚士の仕事と役割

言語聴覚療法とは、リハビリを通じて話すことや聞くこと、飲み込むことなどを円滑に行えるようにケアするための治療を指します。言語聴覚療法は理学療法や作業療法以上に馴染みの浅い治療ですので、初めて耳にしたという方も多いのではないでしょうか。このリハビリテーションの目指すところは、普通に話したり聞いたりといったコミュニケーションが取れるようにするというもので、具体的には患者さんと会話を行うことが仕事内容になります。

言語聴覚療法が必要になる患者さんは多岐に渡り、たとえば脳梗塞や認知症などの病気によって上手にコミュニケーションを取れない人や、発達障害、失語症といった方々もこの治療を受けることになります。 言語聴覚療法は言語聴覚士という国家資格を取得した人が行う治療ですので、この仕事に就くためには、国家試験を突破する必要があります。

国家試験の受験資格も設けられており、専門の課程が用意されている大学や専門学校などに進学しなければなりません。合格難易度については例年70%前後となっており、難易度はそれなりに高いです。就職先は病院以外の需要も高まってきており、これから必要性が更に増す仕事であると言えるでしょう。